海外FX業者の詐欺を見抜く必要性

海外FXは国内の業者はどのような違いがあるのか?

最近では海外FXが注目されていますが、利用する前に国内との違いを確かめることが大事です。海外の業者はレバレッジが高くて取引方式がNDD方式で約定力とスピードが早く、追証なしのため入金額以上の損失を受けないなどの魅力があります。しかし、金融ライセンスを受けていないと出金や約定を拒否されるなど詐欺にあうリスクもあり、送金や出金に手数料がかかり日本語が通じないなどのトラブルも多いです。このため、一獲千金を狙えるなどのメリットがあるものの、不安定な業者が多く詐欺の被害も少なからずあります。業者を選ぶときは安全性を第一に考え、利用者の口コミや評価を確かめてからトレードをすることが大事です。また、FXはサラリーマンの副業としても人気がありますが、日常生活に支障をきたすようなことがないようにトレードをする必要があります。

詐欺のパターンと対処法を確かめよう

海外FXはレバレッジが高く新規口座開設や入金でボーナスをもらえるキャンペーンを行い、登録してもらおうと勧誘する傾向があります。しかしながら、せっかく利益を出しても出金できないことや、そのまま倒産してしまい預けた資金が戻ってこなくなるなどの詐欺も多く注意が必要です。このようなパターンは金融ライセンスを受けているか確かめ、利用者の口コミを参考にすれば回避できます。金融ライセンスはあれば不正行為ができないため、事前に確かめればリスクを避けやすいです。また、サービス内容を確かめて日本語対応であれば疑問点があれば問い合わせ、リスクを避けて安心してトレードができます。

無理をしないようにトレードをしよう

海外FXといえばレバレッジが高く、一獲千金を狙い多くの資金を注ぎ込んでしまうこともあります。追証なしの場合は入金額以上の損失を受けないため、利益を出せばこまめに出金するようにすれば倒産して資産を失うことを回避しやすいです。また、近年では値動きが激しく価格変動リスクもあり、口座残高を増やしすぎて失敗すると一気に資産を失うことになります。このため、口座残高を確かめながら利益を積み重ねるようにトレードを行い、損失をなるべく減らすようにすることがおすすめのやり方です。また、日本語対応であるか確かめて決めないと問い合わせができないため、詐欺の被害にあう前に確認する必要があります。海外FXはハイレバレッジで勝負できる醍醐味がありますが、失敗をしたときのリスクを考えてトレードのスタイルを決めることが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする