チャットレディーが気をつけるべきこととSNS

近年、チャットレディーの仕事が口コミでも高く評価されています。これはスマホだけを使って女性ができる副業であり、女性ならば誰でもできるので、大きな人気を呼んでいるのです。

しかし、簡単にできる一方でチャットレディーの仕事にはリスクも伴います。ここでは、安全にチャットレディーの仕事をするために心に留めておいた方が良いことを紹介します。

個人情報がバレるような写真の掲載には気をつけましょう。
例えば、最近はSNSを利用する人が多いですが、自分の部屋や自分の家の前などで写真を撮り、それをSNSに載せたことがある人も多いのではないでしょうか。例えばチャットレディーの仕事として自分の部屋で写真を撮って掲載した場合、壁紙や家具など、同じものが写っていませんか?同じものが写真に入り込んでいると、そこから個人の特定ができてしまう可能性が高まります。知り合いがライブチャットを使っている可能性もありますので、同一人物だとわかるような写真をSNSに載せている場合、ライブチャットに同じような写真は掲載しないように気をつけましょう。

SNSに書き込んだ内容と同じことを書き込まないようにすることも大切です。例えばLINEやTwitterで日常の出来事を書き、ライブチャットで同じようなことを書いていたら、そこから同一人物だとバレてしまう可能性も高まります。そもそもバレても良い、SNSではリアルに知っている人はいないから大丈夫、などということであれば良いですが、同じことを書き込んでしまうとそこから同一人物だとバレてしまう可能性が高まります。そのため、特に同じことを同時期に書かないように気をつけましょう。

話をするときにはあちらこちらにフェイクを盛り込みましょう。そうすればSNSと少し似たような話を書いてしまっても安心です。家族構成や年齢など、少しずつ自分の話にフェイクを盛り込むことで、身バレを防ぐことができます。例えばライブチャットでも自分の顔を出していて、周りに知られても構わないということであれば問題はありません。しかし、周りの人に知られたくない、旦那さんにバレたくない、などと感じるのであれば、自分の話をするときにはあちらこちらにフェイクを盛り込んだ方が安心です。

ただし、フェイクを盛り込んだ場合は誰にどのような話をしたのかわからなくならないように気をつける必要があります。自分なりにキャラ設定をし、ブレないようにしても良いかもしれません。特に複数の男性に対してフェイクを使った場合、人に対してそれぞれ違う話をするのではなく、極力同じ話をしておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする